Windows10

TortoiseSVNのフォルダー アイコンが消えた!?大丈夫。戻し方をお教えします。

TortoiseSVNをWindows10に入れて使用中です。特に不自由なく使用していましたが、ふと気づいたことがあります。
あれ?フォルダーアイコンがおかしくねぇ・・?ってことに気づいてしまいました・・。

下のような表示になっている・・まぁ、Windows標準のフォルダーアイコンなので、エラーやバグってことはないです。

TortoiseSVNを入れて、TortoiseSVNで管理しているフォルダーアイコンはこんな感じになるはずです。

フォルダーアイコンへのオーバーレイっていうんですが、「変更ないよ」とか「変更があるよ」ってことを視覚的に教えてくれるので非常に便利です。

で、なんでうまくファルダアイコンへのオーバーレイ表示が出来ていないのか調べてみました。

やったこと

どこでオーバーレイを管理しているのか?

調べてみたら、レジストリで管理しているようです。レジストリってなんだ?って人、レジストリかよ~って人も自己責任で対応をお願いします。
レジストリの
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\ShellIconOverlayIdentifiers]
で管理されています。
Windowsの制限があるようで、アイコンオーバーレイは15個までしか使用できないそうです。しかも、15個のうち4個はWindowsが使用しているので、他のアプリケーションで使用できるのは、11個。ちょっと少ない気がしました。

今回、TortoiseSVNのアイコンオーバーレイが消えてしまったのは、TortoiseSVNのあとにインストールしたアプリケーションがアイコンオーバーレイを使用していて、そのアプリケーションのアイコンオーバーレイが表示されやすいように工夫されていた(名前の前に空白が入っている)からでした。

レジストリって何だ?

簡単に説明すると、WindowsOSやアプリケーションの設定が記載されているデータベースになるそうです。

SEって職業をやっているとレジストリを変更することが、たまにあります。
最近では、お客様に配布するWindows10(100台くらい納品する)のExcelがなぜか立ち上がらない・・。なぜだ!って調べてみたら、設定している最中にどこかでレジストリが誤った値で更新されていたってことがありました。配布直前に判明して、100台ぐらいのレジストリを直しました。

話がズレましたが、SEっていう職業がら、レジストリを知っていますが、そうではない職業の方でレジストリを知らなくて当然だと思います。要はプロのSEがWindowsの設定を変更する際に使用するデータベースです。本来はあまり触らない方がいいものです。

どうやってアイコンのオーバーレイ機能を直せるのか

レジストリエディターを使用して修正します。起動方法は、「ファイル名を指定して実行」に「regedit」を記入して実行する方法がありますが、TortoiseSVNの場合はもう少し簡単な起動方法がありました。

まずは、「右クリック」して、「TortoiseSVN」の「設定」をクリックして、設定画面を開きます。

画面左側のツリーから、「アイコンオーバーレイ」-「オーバーレイハンドラー」を選択します。すると、右側ペインに「レジストリエディターを起動する」ボタンが表示されます。これをクリックすると、レジストリエディターが起動します。


あとは、左側のツリーにある、「Tortoise1Normal」「Tortoise2Modified」などを順番的に上に来るように細工してやります。
私は、「TortoiseXXXX」が順番的に上に来るように、名前の前に空白を入れました(「Tortoise1Normal」→「 Tortoise1Normal」)。これで、順番的に上に来るように細工が完了です。

まとめ

  • アイコンオーバーレイはレジストリ管理されている
  • ToretoiseSVNのあとにアプリケーションを入れて、アイコンオーバレイが消えたら、レジストリエディターで編集する(ただし、自己責任で!!)

 

 

パソコンアプリのド定番!!ソースネクストのアプリはここからどうぞ

Windows10の標準アプリって使いにくいアプリが多い気がします。やはり日本製品がいいってことで、ソースネクストの商品もご紹介!!