Linux

Linuxに内蔵HDDを追加したけど、どうやれば認識されるのか調べてみました。

コンピュータ

なんとなく、デスクトップ用HDD(ハードディスクドライブ)の価格を調べたら、すごい安かったので買ってしまいました。
SSD(ソリッドステートドライブ)も安かったけど、今回はHDDを購入しました。

HDDの使い道

何に使うか考えずに、Amazonでポチってましたが、最近のHDDの利用方法といえばデータの保存以外にはないです。
自宅サーバとして使用しているLinuxパソコンに増設することにしました。Linuxパソコンに増設して、ファイル共有サーバとして運用することにしました。

HDDの増設後にやること

まずはちゃんと認識されるかどうかを確認したい。けど、どうやればいいのか分かりません。GUIで簡単に済ませてもいいのですが、Linuxなのでコマンドで確認する方法を調べてみました。

認識されるか確認する方法

とりあえず、現在どうなっているかを調べるために、下記コマンドを実行してみます。

sudo fdisk -l

実行結果:

ディスク /dev/sda: 931.5 GiB, 1000204886016 バイト, 1953525168 セクタ
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスクラベルのタイプ: dos
ディスク識別子: 0xb2fc6093

デバイス   起動 開始位置   最後から     セクタ サイズ Id タイプ
/dev/sda1  *        2048 1953523711 1953521664 931.5G 83 Linux


ディスク /dev/sdb: 931.5 GiB, 1000204886016 バイト, 1953525168 セクタ
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスクラベルのタイプ: dos
ディスク識別子: 0x0002eb4a

/dev/sdbとして認識されていることが分かりました。

パーティションの作成

認識されていることが分かったので、パーティションを作成します。partedコマンドをsudoつけて実行します。

sudo parted /dev/sdb

実行結果:

GNU Parted 3.2
/dev/sdb を使用
GNU Parted へようこそ! コマンド一覧を見るには 'help' と入力してください。
(parted) mklabel gpt                                                      
警告: いま存在している /dev/sdb のディスクラベルは破壊され、このディスクの全データが失われます。続行しますか?
はい(Y)/Yes/いいえ(N)/No? y                                               
(parted) mkpart                                                           
パーティションの名前?  []?                                                
ファイルシステムの種類?  [ext2]? ext4                                     
開始? 0%                                                                  
終了? 100%                                                                
(parted) p                                                                
モデル: ATA SAMSUNG HD103UJ (scsi)
ディスク /dev/sdb: 1000GB
セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B
パーティションテーブル: gpt
ディスクフラグ: 

番号  開始    終了    サイズ  ファイルシステム  名前  フラグ
 1    1049kB  1000GB  1000GB  ext4

(parted) q                                                                
通知: 必要であれば /etc/fstab を更新するのを忘れないようにしてください。

うまく作れているか、確認してみる。

sudo fdisk -l

実行結果:

ディスク /dev/sda: 931.5 GiB, 1000204886016 バイト, 1953525168 セクタ
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスクラベルのタイプ: dos
ディスク識別子: 0xb2fc6093

デバイス   起動 開始位置   最後から     セクタ サイズ Id タイプ
/dev/sda1  *        2048 1953523711 1953521664 931.5G 83 Linux


ディスク /dev/sdb: 931.5 GiB, 1000204886016 バイト, 1953525168 セクタ
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスクラベルのタイプ: gpt
ディスク識別子: C4659B5B-008A-4125-9D27-3C5241C8049A

デバイス   開始位置   最後から     セクタ サイズ タイプ
/dev/sdb1      2048 1953523711 1953521664 931.5G Linux ファイルシステム

最後の行が追加されているので、OKと判断。

最後にフォーマットするために、下記コマンドを実行。

sudo mkfs.ext4 /dev/sdb1

実行結果:

mke2fs 1.44.1 (24-Mar-2018)
Creating filesystem with 244190208 4k blocks and 61054976 inodes
Filesystem UUID: ad72c87a-af56-4fe8-ab30-b37a73241df4
Superblock backups stored on blocks: 
	32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208, 
	4096000, 7962624, 11239424, 20480000, 23887872, 71663616, 78675968, 
	102400000, 214990848

Allocating group tables: done                            
Writing inode tables: done                            
Creating journal (262144 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done     

まとめ

とりあえず、HDDとして認識されて、フォーマットも出来た。
後は、mntコマンドでマウントしたり、fstabに追記して再起動しても自動的にマウントされるように設定するだけ。

パソコンアプリのド定番!!ソースネクストのアプリはここからどうぞ

Windows10の標準アプリって使いにくいアプリが多い気がします。やはり日本製品がいいってことで、ソースネクストの商品もご紹介!!