システムエンジニアの技術LOG

Linux,RaspberryPi3のサーバ構築を中心に、Windows,Macの設定方法もシステムエンジニアが解説。Windows,Mac,Linux,RaspberryPi3のQ&Aサイトです。

未分類

【LinuxMint】Google経由でRedmineからメールを飛ばす方法

投稿日:

LinuxMint18にRedmineを入れて、個人のタスクやスケジュールを管理しています。今まではRedmineからメールを飛ばす設定はしていませんでした(個人的に使用しているのでメールを飛ばす必要性がないので・・)。
メールを飛ばす必要性はないんですが、試しに設定してみたので、やったことをメモしておきます。

やったこと

Redmineのconfiguration.ymlを編集する

いろいろと調査した結果、config/configuration.ymlを下記のように設定してやると、RedmineからGmail経由でメールを飛ばせるとのこと。

  email_delivery:
delivery_method: :smtp
smtp_settings:
enable_starttls_auto: true
address: "smtp.gmail.com"
port: 587
domain: "smtp.gmail.com" # 'your.domain.com' for GoogleApps
authentication: :plain
user_name: “メールアドレス@gmail.com"
password: “パスワード”

簡単と思ったが、上記の設定だけではGmail経由でメールが飛ばなかった。理由は、Gmailの2段階認証を設定しているから・・。

Gmailの2段階認証対応のため、アプリ専用パスワードを取得する

ここ(https://security.google.com/settings/security/apppasswords)から、アプリ専用パスワードを取得する。
アプリ_パスワード_-_アカウント設定
「端末を選択」をクリックして、「redmine」を作成すると、下記のような画面が表示される。下記の画像で、ぼやかしているところにパスワードが表示されるので、このパスワードをconfig/configuration.ymlのパスワード部分に設定してやれば、RedmineからGmail経由でメールが飛ぶ。
Skitch

まとめ

Gmail経由で、メールを飛ばせるようにしたけど、一人でRedmineを使用しているので、あんまり必要ないなぁと思った。会社などで複数人で使用している人たちには必要な機能だけどね。

-未分類

Copyright© システムエンジニアの技術LOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.