システムエンジニアの技術LOG

Linux,RaspberryPi3のサーバ構築を中心に、Windows,Macの設定方法もシステムエンジニアが解説。Windows,Mac,Linux,RaspberryPi3のQ&Aサイトです。

Windows10

Ubuntu on Windowsを使ってbash環境を構築する方法

投稿日:

Windows10で動作するLinuxとして、Ubuntu on WindowsというシステムがUbuntuの開発を主導する英Canonical社とMicrosoft社で共同開発中です。さらに、Windows側の設定をちょっと変更するだけで使えるようなので、ちょっとだけ試してみました。

やったこと

Windowsを開発者モードに変更する

Ubuntu on Windowsを使用するには、Windows10を開発者モードに変更する必要があります。開発者モードにする方法は下記の手順になります。開発者モードに変更するとセキュリティ上の問題が発生する可能性もありますので、下記手順を実施する場合は自己責任でお願いします。

設定画面を起動して開発者モードに変更する

スタートボタンから、下記画像のアイコンをクリックして、設定を起動します。
2016-10-14__20_
設定画面が起動したら、「更新とセキュリティ」をクリックします。
2016-10-14__19_
「更新とセキュリティ」が起動したら、「開発者向け」をクリックします。
2016-10-14__21_
下記の赤枠の中から開発者モードを選択します。
2016-10-14
Windowsが怖いメッセージを表示してきますが、気にせずに「はい」を選択して、開発者モードをオンにします。
2016-10-14__23_
再起動を求められたら、素直に再起動します。

Ubuntu on Windowsを有効にする

Windowsを開発者モードに変更しただけでは使えません。続いて、Ubuntu on Windowsを有効化する必要があります。
スタートボタンを右クリックして表示される中から、一番上の「プログラムと機能」を選択して、下記の画面を起動します。起動したら、左側のメニューから「Windowsの機能の有効化と無効化」を選択します。
2016-10-14__1_
選択すると、下記の画面が起動されるので、その中から「Windows Subsystem for Linux(Beta)」を選択します。
2016-10-14__5_
これで、Ubuntu on Windowsを使用する準備が整いました。

コマンドプロンプトで"bash.exe"を起動する

Ubuntu on Windowsは「コマンドプロンプト」から「bash.exe」を起動して使います。初回は、下記の通り、Ubuntuのインストールから始まります。本当にインストールするかどうかを聞かれますので、「y」を入力して同意します。
2016-10-14__6_
「y」を入力した後、しばらく待ちます。だいたい、3〜4分程度かかりました。しばらく待つと、以下のように、UNIXユーザ名とパスワードの入力を求められますので、好きなユーザ名とパスワードを入力しましょう。
2016-10-14__17_
これで、Ubuntu on Windowsが使えるようになります。

感想

使えるようにするまで、ちょっと時間がかかります。時間はかかりますが、Ubuntuで使用できるアプリケーションがそのまま使えるそうなので、SEとしてはWindowsが便利になるはずです。
bash環境から、SSHでサーバに接続できるか試したみました。他にもいろいろ試してみようと思います

-Windows10

Copyright© システムエンジニアの技術LOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.