システムエンジニアの技術LOG

Linux,RaspberryPi3のサーバ構築を中心に、Windows,Macの設定方法もシステムエンジニアが解説。Windows,Mac,Linux,RaspberryPi3のQ&Aサイトです。

Windows10

Windows10アニバーサリーアップデート後にCortanaを使用しないように足掻いた結果

投稿日:

自宅PCで自動的にWindows10のアニバーサリーアップデートが行われてしまいました。その結果として、邪魔なCortanaさんが自動的に起動するようになってしまいました。自宅PCには、マイクが接続されていないので、コルタナさんは使えないので、コルタナさんを使用しない設定にするべく、調べてみたので記録しておきます。

やったこと

Cortanaの使用メモリ

とりあえず、Cortanaの使用メモリを調査。タスクマネージャーを起動して、Cortanaが使用しているメモリを調べてみました。
結果は、下記の通りでした。
2016-09-30

使用量は41.8Mでした。アニバーサリーアップデート前は100M前後だったので、メモリ使用量は抑えられているようです。

Cortanaの設定画面の起動

設定画面を起動します。「スタートメニュー」から「設定」を選択すればOKです。
起動したら、「Cortana」を検索して、「Cortana」の設定画面を開きます。
2016-09-30 (2)
開くとこんな感じです。
2016-09-30 (5)

ここで問題発生です。

Cortanaを使用しないという設定項目がなくなってしまいました。どうやら、Windows10のアニバーサリーアップデート後は、Cortanaは必ず使用しなければならなくなったようです。

まとめ

Windows10のアニバーサリーアップデート後は、Cortanaさんを黙らせる方法がなくなってしまいました。Cortanaが常時使用しているメモリ容量は少なくなっているので、その点は良いのですが、使いたくない人もいると思います。設定で使用・不使用を選択できないのはちょっと残念ですね。

-Windows10

Copyright© システムエンジニアの技術LOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.