Mac

Mac OSX El CapitanでEvernoteをアップデートしたら、Evernoteが壊れたので再インストール

9月21日にEvernoteがアップデートされました。しかし、アップデート後にEvernoteを起動したら、なんかおかしい。
42
Evernoteは壊れていますというメッセージが表示されてしまいました。
46
いろいろと記録しておいたメモが参照できなくなったのは困るので、メッセージに従ってEvernote.appを削除してAppStoreから再インストールしたので、記録しておきます。

やったこと

AppCleanerをインストール

Evernoteを完全に削除するために、AppCleanerをインストール。参考ページはこちら
AppCleanerを使うと、Evernoteの関連ファイルもまとめて削除できるようになります。単純にEvernote.Appだけを削除してもOKなんですが、どうせ削除するならキレイに消したいので、AppCleanerを使ってみました。

AppCleanerを起動

AppCleanerを起動するとこんな画面が表示されます。
13

使い方は、削除するAppをドラッグ&ドロップします。今回は、Evernoteを削除するので、アプリケーションをFinderで開いてEvernoteをドラッグ&ドロップ。すると、関連ファイルを探して、表示してくれます。こんな感じです。
30

後は、Removeボタンを押せば、すべての関連ファイルもまとめて削除してくれます。
これで、Evernoteは自分のMacから完全に削除されましたので、AppStoreから再インストールします。

AppStoreから再インストール

AppStoreを起動して、Evernoteで検索。
20
インストールを選択したらOKです。(画像はインストール後に撮ったので「開く」になってます)

まとめ

そもそも、なぜ「Evernoteが壊れています」というメッセージが表示されたのかは不明ですが、調べようがないですよね。こんな時は、OSの言うとおりに再インストールすればOKです。
しかし、関連ファイルが壊れていたら、単純にEvernote.appだけの削除では再インストールしても失敗していたかも・・・。何かアプリケーションを削除する場合は、関連ファイルも削除してくれるAppCleanerを使用することをお勧めします。