システムエンジニアの技術LOG

Linux,RaspberryPi3のサーバ構築を中心に、Windows,Macの設定方法もシステムエンジニアが解説。Windows,Mac,Linux,RaspberryPi3のQ&Aサイトです。

Raspberry Pi サーバ構築

RaspberryPiにRedmineを導入する方法(後編)

更新日:

どうしても必要ってことではないのですが、自分なりにタスクやスケジュールを管理するために、Redmineをラズベリーパイ3に導入したので、記録しておきます。(長くなったので、前・後編に分けました)この記事は後編です。

前編はこちら。

やったこと

Redmineのダウンロード

sudo mkdir /var/lib/redmine
sudo chown www-data /var/lib/redmine
sudo -u www-data svn co http://svn.redmine.org/redmine/branches/3.2-stable /var/lib/redmine

データベースへの接続設定

Redmineからデータベースへ接続するための設定を記述したファイルを作成する。
Redmineのインストールディレクトリ(/var/lib/redmine)以下に config/database.yml を作成した。

production:
adapter: mysql2
database: redmine
host: localhost
username: redmine
password: "password"
encoding: utf8

※passwordは、MySQLに作ったRedmine用ユーザのパスワード。基本的なことは設定例が記載されているので、難しいことはなし。

設定ファイル config/configuration.yml の作成

Redmineからメールサーバへ接続するための設定などを記述した設定ファイルを作成。しかし、RaspberryPi3にメールサーバを設定する予定がなく、一人で使う予定なのでメールを飛ばす予定も無いので、configuration.yml.exampleをコピーして終了。

cp configuration.yml.example configuration.yml

gemパッケージのインストール

sudo -u www-data bundle install --without development test --path vendor/bundle

Redmineの初期設定と初期データ登録

セッション改ざん防止用秘密鍵の作成

sudo -u www-data bundle exec rake generate_secret_token

データベースのテーブル作成

sudo -u www-data RAILS_ENV=production bundle exec rake db:migrate

デフォルトデータの登録

sudo -u www-data RAILS_ENV=production REDMINE_LANG=ja bundle exec rake redmine:load_default_data

Passengerのインストール

sudo gem install passenger --no-rdoc --no-ri
sudo passenger-install-apache2-module --auto
passenger-install-apache2-module --snippet

Apacheの設定

/etc/apache2/conf-available/redmine.confを作成。内容は以下の内容。公式ページでは、「チューニングのための設定を追加(任意)」の記述もあったが、とりあえず動いてくれればいいので無視する。

#Redmineの画像ファイル・CSSファイル等へのアクセスを許可する設定。
# Apache 2.4のデフォルトではサーバ上の全ファイルへのアクセスが禁止されている。

Require all granted

# Passengerの基本設定。
# passenger-install-apache2-module --snippet で表示された設定を記述。
# 環境によって設定値が異なるため以下の3行はそのまま転記せず、必ず
# passenger-install-apache2-module --snippet で表示されたものを使用すること。
#
LoadModule passenger_module /usr/local/lib/ruby/gems/2.2.0/gems/passenger-5.0.21/buildout/apache2/mod_passenger.so

PassengerRoot /usr/local/lib/ruby/gems/2.2.0/gems/passenger-5.0.21
PassengerDefaultRuby /usr/local/bin/ruby

Apacheの設定の反映

sudo a2enconf redmine
apache2ctl configtest
sudo /etc/init.d/apache2 restart

Apache上のPassengerでRedmineを実行するための設定

シンボリックリンクを作成

sudo ln -s /var/lib/redmine/public /var/www/html/redmine

Apacheへの設定追加

Apacheの設定ファイル /etc/apache2/conf-available/redmine.conf に以下の設定を追加。

RackBaseURI /redmine

Apacheの再起動

sudo /etc/init.d/apache restart

起動の確認

ブラウザで、「http://localhost/redmine」にアクセスして、Redmineが起動していることを確認する。

-Raspberry Pi, サーバ構築

Copyright© システムエンジニアの技術LOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.