Windows10

【Windows10】アプリケーションを自動的に横に並べる方法

Windows10にアップデートしてから、いろいろな機能が追加されていますねぇって話です。もしかしたら、知らないだけで、Windows8やWindows8.1の時から追加されていた機能かもしれないけど、便利な機能なのでご紹介。

どんな機能か?

簡単に説明してしまえば、2つのアプリケーションを簡単に並べて表示する機能。
どんなときに便利かといえば、何か資料(PDFやExcelなど)を広げながら、報告用文書を作成するときなどに便利かなぁ~って思います。仕事をしている最中に、資料(自分はExcelの場合が多い)を広げて、日報や週報をメーラーで書く人には便利な機能だと思います。

やったこと

非常に簡単です。
「Windowsキー」を押しながら、「カーソルキー:右」もしくは「カーソルキー:左」を押せばOK。これで、そのときアクティブ(選択していた)なアプリケーションがディスプレイの右端、もしくは左端に自動的に寄ってくれます。ここまでは、Windows7でも付いていた機能

右端、もしくは左端にアプリケーションが寄った後に、空いたスペースに他のアプリケーションが表示されます。横に並べて表示したいアプリケーションをクリックすれば、自動的に横に並んでくれます。

地味な機能ですが、これは便利ですよ。

関連記事