システムエンジニアの技術LOG

Linux,RaspberryPi3のサーバ構築を中心に、Windows,Macの設定方法もシステムエンジニアが解説。Windows,Mac,Linux,RaspberryPi3のQ&Aサイトです。

Linux Raspberry Pi サーバ構築

Raspberry Pi 3にDHCPサーバをインストールする方法

更新日:

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

Raspberry Pi 3を購入したので、省電力な静音サーバとして運用しようといろいろ設定しています。

現時点で、LinuxMintを自宅サーバとして動かしています。LinuxMint上で動いているサーバソフトのうち、①DHCP②内向きDNS③ファイル共有(samba)をRaspberry Pi 3で動作させる予定です。

まずは、 ①DHCPを設定してみたので、記録しておきます。

やったこと

DHCPサーバのインストール

sudo apt-get updata
sudo apt-get install isc-dhcp-server

LinuxMintのDHCPサーバの停止

sudo /etc/init.d/dnsmasq stop 

DHCPサーバの設定ファイルを編集

sudo vi /etc/dhcp/dhcpd.conf 

設定ファイルの編集内容

設定ファイルの編集内容は、こんな感じ。

default-lease-time 6000; <- リースする標準時間(秒)
max-lease-time 72000;  <- リースする最大時間(秒)

authoritative; <- コメント外す


subnet 192.168.0.0 netmask 255.255.255.0 { <- 割り当てるサブネットワーク
option routers 192.168.0.1;          <- デフォルトゲートウェイ 
option domain-name "xxxx.xx.jp";                       <- ドメイン名
option domain-name-servers 192.168.0.20;       <- DNSサーバのアドレス
option subnet-mask 255.255.255.0;        <- サブネットマスク
range dynamic-bootp 192.168.0.22 192.168.0.100; <- 割り当てるIPアドレスの範囲

host xxxxxxx {                                                      <- ホスト名

hardware ethernet 11:22:33:44:55:66;      <- MACアドレス
fixed-address 192.168.0.21;                                <- 割り当てる固定IPアドレス
 }
}

使用するネットワーク・インターフェースの指定

RaspberryPi3は、ネットワーク・インターフェースを指定する。設定ファイルと設定内容は下記の通り。
 
 ・編集する設定ファイル

sudo vi /etc/default/isc-dhcp-server

 
 ・設定内容

INTERFACES="eth0"

DHCPサーバの再起動

sudo /etc/init.d/isc-dhcp-server restart 

DHCPサーバの動作確認

動作確認のために、下記ファイルの内容を確認。

less /var/lib/dhcp/dhcpd.leases 

 
 こんな感じ

lease 192.168.0.25 {
starts 4 2016/06/02 03:43:40;
ends 4 2016/06/02 03:53:40;
tstp 4 2016/06/02 03:53:40;
cltt 4 2016/06/02 03:43:40;
binding state free;
hardware ethernet 11:22:33:44:55:66;
uid "\001\002'\003\004<\005";
}

まとめ

LinuxMint17.3からRaspberryPi3へ自宅サーバの移行第一弾は完了。次は、内向きDNSを構築します。
使っているRaspberryPi3はこちらです。

-Linux, Raspberry Pi, サーバ構築

Copyright© システムエンジニアの技術LOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.