Raspberry Pi

Raspberry Pi 3 にchromium-browserをインストールする方法(失敗編 その2)

Raspberry Pi 3 にChromium-browserをインストールを試みた。
とりあえず、前回と同じこと繰り返してみたら、エラーメッセージが微妙に変化していたので記録

やったこと


sudo apt-get update
sudo apt-get install chromium-browser


結果



とりあえず、失敗。でもエラーメッセージが変化した。
 

Package chromium is not available, but is referred to by another package.
This may mean that the package is missing, has been obsoleted, or
is only available from another source
However the following packages replace it:
chromium-inspector chromium-bsu

E: Package 'chromium' has no installation candidate

ざっくりと訳してみた。
「chromium-browserは存在しないけど、他のパッケージから参照されている。
これは、廃止されたか、他のソースからのみ使用される。
しかしながら、以下のパッケージがChromiumを置き換える・・」(合っているかな?)

どうやら、現時点(2016/05/27)でChromiumは、RaspberryPiのパッケージ管理から外れていることは分かったけど、最後の一文が気になったので、【chromium-inspector】と【chromium-bsu】をインストールしてみました。

sudo apt-get install chromium-inspector chromium-bsu
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の追加パッケージがインストールされます:
chromium-bsu-data fonts-uralic libalut0 libglc0 libglewmx1.10
推奨パッケージ:
chromium
以下のパッケージが新たにインストールされます:
chromium-bsu chromium-bsu-data chromium-inspector fonts-uralic libalut0 libglc0 libglewmx1.10
アップグレード: 0 個、新規インストール: 7 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
3,475 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 11.2 MB のディスク容量が消費されます。
・・・ 

一応、インストールは成功。もしかしたら、chromiumが使えるのか?思って下記のコマンドを試してみた。

chromium &

結果は、コマンドは存在しないとエラーになりました。まぁ、インストールが成功していないとは思いましたが・・・。
RaspberryPiのパッケージ管理から廃止されているようなので、復活するまでしばらく待ってみるか、コードを取得して自分でコンパイルするか・・・。

RaspberryPi3でchromiumを使用できるようにするには時間がかかりそうです。

パソコンアプリのド定番!!ソースネクストのアプリはここからどうぞ

Windows10の標準アプリって使いにくいアプリが多い気がします。やはり日本製品がいいってことで、ソースネクストの商品もご紹介!!