Linux

【LinuxMint】owncloud-clientの使い方

前々回、前回で、owncloud-clientのインストールに成功。
今回は、そのクライアントの使用方法を試してみたので、記録しておきます。

やったこと

まずは、helpを確認する。

owncloud --help
ownCloud version 2.1.1
File synchronisation desktop utility.

Options:
  -h –help            : show this help screen.
  –logwindow          : open a window to show log output.
  –logfile <filename> : write log output to file <filename>.
  –logdir <name>      : write each sync log output in a new file
                         in folder <name>.
  –logexpire <hours>  : removes logs older than <hours> hours.
                         (to be used with –logdir)
  –logflush           : flush the log file after every write.
  –confdir <dirname>  : Use the given configuration folder.

For more information, see http://www.owncloud.org
ログは、問題が起きた時に確認すればいいので、「–confdir」を実行すればOKっぽい。

とりあえず、適当なフォルダを作成。

mkdir ~/ownCloud

作成したフォルダを指定してあげて、「–confdir」を実行する。

owncloud --confdir ~/ownCloud

 
これで、設定画面が起動する

Screenshot at 2016-05-09 05:23:00
 
後は、 Windows10Macと同じなので、割愛。