Mac

Macに無料のLibreOfficeをインストールする方法

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

LinuxMintを自宅内LANのサーバとして活用しようと考えて、奮闘中ですが、今回はMacの話。

CSVファイルを参照する必要があったので、参照する方法を調査したので記録しておきます。
CSVファイルを参照する方法は、Windowsなら一般的な方法はExcel(表計算ソフト)を使用するのが楽ですね。しかし、うちのWindowsはMicrosoft Officeはインストールされていません。理由はお値段が高いからです。

とりあえず、無料のMicrosoft Officeライクなソフトを探しました。そしたら、LinuxMintに標準でインストールされていました、LibreOffice。Microsoft Officeと互換性をもっているので、これでOKです。

LibreOfficeを調べるとMac版、Windows版と揃っているので、うちのMac OSX El CapitanとWindows10にインストールすることにしました。

やったこと

1.公式サイトから、「ダウンロード」を選択して、ダウンロードページから「メインインストーラ」と「日本語訳インターフェース」をダウンロードします。

2.「メインインストーラ」をダウンロードしたら、ダブルクリック。

libreoffice
3.LibreOfficeアイコンをApplicationsフォルダにドラッグしたら、インストール完了。

4.一応、起動してみた。無事に起動しましたが、英語ですねぇ。次は日本語化です。
libreoffice
5.「日本語訳インターフェース」をダブルクリックしたけど、エラー・・・。
libreoffice
一応、英語版のままだけど、CSVファイルを参照することは出来たのでOKとしました。
日本語化はやり方を調べて、再チャレンジすることにします。