Mac

Google日本語入力をMac OSX El Capitanで使用する方法

おはようございます、こんにちは、こんばんは。
LinuxMintを自宅内LANのサーバとして活用しようと考えて、奮闘中ですが、Macの日本語入力のカスタマイズに注力し始めています。理由は、Mac OSX El CapitanからMacの日本語入力に追加された機能「ライブ変換」機能が使用しにくいため・・。

「ライブ変換」機能が使用しやすい人もいると思うのですが、私はどうもうまく使いこなせないので、他の日本語入力を使用してみることにしました。

「Google日本語入力」をインストールしてみました。

やったこと

公式ページにアクセスして、インストーラを取得する

下記のアドレスにアクセス。ファイルをダウンロードします。

07

ダウンロードしたファイルを開けば、インストール用パッケージファイルが入っているので、ダブルクリックすればインストール開始します。

25
インストール中にいろいろ聞かれますが、基本的に「OK」か「続ける」を選択していればOK。
39
52
で、インストールの最後にgoogle日本語入力を有効にするか聞いてくるので、「有効にする」を選択して終了。

感想

使ってみての感想は「ライブ変換」と比べると、私はgoogle日本語入力の方が使いやすい。文章を打つ時に単語で区切って「Space」で変換しながら入力してしまいます。「ライブ変換」の場合は、入力の途中で自動的に変換するので「Space」で変換する必要ないのですが、ついつい「Space」で変換してしまいます。結果として、「ライブ変換」の良さを生かしきれない。
「ライブ変換」は「慣れ」が必要だと思います。一方で、google変換は操作感は今まで通りの上、変換候補がちゃんと出てくるので使いやすい。私は、google日本語入力に一票ですね。

でも、google日本語入力を有効にすると、IMEが全部で8個も並んでしまうのが、ちょっと残念。もうちょっとスマートにgoogle日本語入力と直接入力の2つだけにするとか出来ないかなぁ。
表示されるIMEの数を減らす方法はこちらを参照してください。

関連記事