システムエンジニアの技術LOG

Linux,RaspberryPi3のサーバ構築を中心に、Windows,Macの設定方法もシステムエンジニアが解説。Windows,Mac,Linux,RaspberryPi3のQ&Aサイトです。

Linux Windows10 サーバ構築

Windows10からSSHでLinuxMintにつなぐ方法

更新日:

おはようございます、こんにちは、こんばんは。


LinuxMintを自宅内LANサーバとして活用しようと考えて、奮闘中の記録です。

以前、MacからSSHでLinuxMintにつなぐ方法はご紹介しました。今回は、Windows10からSSHでつなぐ方法を試したのでご紹介します。

試すソフトは「Metro PuTTY」。これを選択した理由は、Windows10以前のSSH接続の定番ソフト「PuTTY」に名前が似ているから・・ 。名前に釣られてしまっただけです。
あとは、無料で試用ができること。試用期間が終わったら「400円」が必要です。

やったこと

Windows Storeから「Metro PuTTY」を検索

Windows Storeを起動して、右上の検索BOXでSSHで検索。

WindowsStore

「Metro PuTTY」を選択して、インストール。
当然、Windows10はエラーを返すことなく正常にインストールできます。

MetroPutty

「Metro PuTTY」を起動してSSH接続

インストールが完了したら、スタートメニューから「すべてのアプリ」を選択して、「Metro PuTTY」を探して、起動する。

SelectMetroPutty

起動した画面がこちら。

StartMetroPutty

起動したら、 「HostName(or IP address)」にホスト名(もしくはIPアドレス)を入力して、「Port」に22を入力。
「Connection type」は、「SSH」を選択する。

SettingMetroPutty

最後に「Open」を押下すればOK。
初めての接続時は下記のアラームが表示されるけど、Windows10が知らないホストに繋げるけどいいのか?って聞いているだけ。ホスト名が間違ってさえいなければ「YES」を選択する。

SettingMetroPutty

あとは、IDとパスワードを入力すればログイン成功。

Login

まとめ

これで、LinuxMintに対して、MacからもWindows10からもSSH接続して作業できる環境がととのいました。残念なのは、「400円」かかることだけで、他は「MetroPutty」に文句はありません。しかし、こちらの方法なら、手順がちょっと面倒ですが、無料でSSH接続させることが出来ます。手間を考えると「400円」ぐらい払ってもいいかなぁって気はします。

-Linux, Windows10, サーバ構築

Copyright© システムエンジニアの技術LOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.