システムエンジニアの技術LOG

Linux,RaspberryPi3のサーバ構築を中心に、Windows,Macの設定方法もシステムエンジニアが解説。Windows,Mac,Linux,RaspberryPi3のQ&Aサイトです。

Linux サーバ構築

LinuxMint17.3で自宅内LANに内向きDNSサーバを設定する方法(失敗編)

更新日:

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

Macからssh接続を使えば、外出先でも自宅内のどこにいてもLinuxMintを操作できるようになりましたが、外出先では、ssh接続にドメイン名を使用しますが、自宅内では、IPアドレスを使用することになります。できれば、同じにしたいと思い、自宅内LANにDNSサーバを立てることにしました。

当然、LinuxMintをDNSサーバとして運用することにします。

やったこと

調査

LinuxMintにインストールするDNSサーバを何にするかを調べました。
有名なDNSサーバとしては、【BIND】があるってことはすぐに分かりましたが、かなり設定が難しそう。あくまで、自宅内LANの内向きDNSサーバなので、大掛かりなサーバは面倒なので、パス。

次に見つかったのは、【unbound】というDNSサーバ。これなら、設定もそれほど難しくなさそうなので、【unbound】をインストールすることにします。

unbountのインストール

さすがに、少しLinuxMintに慣れてきたので、インストール方法は調べるまでもなく【apt-get】コマンドってことは分かります。

sudo apt-get install unbound

これで、インストール完了。簡単です。

unbountの設定ファイルを編集

【/etc/unbound/unbound.conf】を編集します。

編集内容は、こちらのサイトを参考にさせていただきました。

unboundを起動したら、失敗・・・

unboundの設定ファイルを自宅内LAN用に編集したら、再起動です。

sudo /etc/init.d/unbound restart

で、起動するかと思えば、下記のエラーが出てしまいました・・・。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
* Restarting recursive DNS server unbound
[1457138689] unbound[4194:0] error: can't bind socket: Address already in use
[1457138689] unbound[4194:0] debug: failed address 0.0.0.0 port 53
[1457138689] unbound[4194:0] fatal error: could not open ports
[fail]
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

ちょっと、固まりました・・。

落ち着いて、メッセージを読むと、すでに53番ポートをすでに使っているから起動できないってこと?
ちょっと調べてみると、53番ポートはDNSサーバが使うためのポートのはず。

失敗の原因を調査
下記のコマンドで、53番ポートを使っている謎のソフトを調べてみました。

sudo ss -lntp | grep 53

結果:

---------------------------------------------------------------------------------------
LISTEN 0 5   127.0.1.1:53           *:*      users:(("dnsmasq",1224,5))
---------------------------------------------------------------------------------------

【dnsmasq】ってなんだろう。名前からすると、DNSサーバの一種みたいってことで、調べてみたところ、
LinuxMintは最初っから【dnsmasq】という簡易DNSサーバが動いていることを初めてしりました・・・。
勉強不足でした。
最初から動いていたようなので、次回はこの【dnsmasq】を使って、内向きDNSサーバを構築したいと思います。

【unbound】は、下記コマンドでアンインストールしました。

sudo apt-get remove unbound

これで、アンインストール完了。楽ですねぇ。

関連記事

-Linux, サーバ構築

Copyright© システムエンジニアの技術LOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.