Linux

LinuxMint17.3で内蔵HDD、外付けHDDをmountする方法

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

LinuxMint17.3が入っているHDD以外に内蔵HDDと外付けHDDを接続したので、設定内容を備忘録として記録しておく。

やったこと

外付けHDDと内臓HDDの接続状況の確認

まずは、外付けHDDと内臓HDDが接続されているか調べる。下記のコマンド(df)を実行した。

df -h
----------------------------------------------------------------------------------
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
udev            3.6G   12K  3.6G   1% /dev
tmpfs           737M  1.8M  735M   1% /run
/dev/sda1       910G  7.2G  857G   1% /
none            4.0K     0  4.0K   0% /sys/fs/cgroup
none            5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
none            3.6G  119M  3.5G   4% /run/shm
none            100M   32K  100M   1% /run/user
/dev/sdb1     917G  452M  870G  1% /media/xxxxx/NNNN
/dev/sdc1     2.8T    1.5T    1.3T   54%  /media/xxxxx/DDDD
----------------------------------------------------------------------------------

LinuxMint17.3では、内蔵HDDも外付けHDDも接続しておけば、自動的に/media配下にマウントしてくれて、使えるようになっているらしい
自動的に使えるのは便利だけど、名前(UUIDになっている)が分かりにくい、かつ、使いにくいディレクトリなので、変更した。

マウント先の変更

内蔵HDDは、ユーザのhomeディレクトリ配下に変更。下記のコマンドを実行。

sudo mount /dev/sdb1 /home/xxxxxx/Project

外付けHDDは、sambaの共有ディレクトリにするために、共有ディレクトリ配下に変更。

sudo mount /dev/sdc1 /var/samba/Share

まとめ

使いやすい場所に変更完了したけど、サーバを再起動すると、/media配下に戻ってしまう。永続的に上記にmountするためには、/etc/fstabを書き換えてやる必要がある。

fstabの書き方はこちら【LinuxMint】fstabの設定

パソコンアプリのド定番!!ソースネクストのアプリはここからどうぞ

Windows10の標準アプリって使いにくいアプリが多い気がします。やはり日本製品がいいってことで、ソースネクストの商品もご紹介!!


関連記事