Linux

LinuxMint17.3にsambaを設定する方法

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

LinuxMint17.3のインストール後にファイル共有サーバ(samba)を設定した内容を備忘録として記録します。sambaを設定する際にGUIツールを使っています。GUIツールのおかげで私のような初心者でも簡単に設定できました。

やったこと

sambaと設定ツールをインストール。

sudo apt-get install samba system-config-samba

ファイル共有用ディレクトリの準備

続いて、ファイルを共有するためのディレクトリを準備して、共有フォルダの所有者、グループを変更する。
とりあえず、自宅内LANからのみ参照する想定なので、セキュリティは考慮しません。

sudo mkdir /var/samba   
sudo chown nobody:nogroup /var/samba/
sudo chmod 777 /var/samba/

設定ツールの使用方法

設定ツールでGUIで設定します。
[Menu] – [システム管理] – [samba]で下記のsambaサーバ設定ツールが起動します。
これで設定すれば、かなり楽。

sambaの設定

+ボタンを押下すると、下記のダイアログが表示されます。
ディレクトリ(D):という項目に、最初に作成したファイル共有用ディレクトリを指定。
共有名:に適当な名前を指定。
あとは,書き込み可能、可視(V)にチェックを入れる。

sambaの設定-2

続いて、アクセス(A)タグを開いて、アクセス権限の設定を行う。
自宅内LANのみの限られたアクセスなのでセキュリティは気にしない。
誰でもアクセスを許可する(L)をチェックして、OK。

samba設定-2

アクセスを制限する場合は、特定のユーザのみアクセスを許可する(N)を選択すればOK。

まとめ

これで、自宅内LANのWindowsPCやMacBookProからLinuxMintのフォルダを参照可能になりました。Linux端末から参照する場合はNFSという方式になります。NFSを用いてファイル共有する場合はこちらを参照してください。

パソコンアプリのド定番!!ソースネクストのアプリはここからどうぞ

Windows10の標準アプリって使いにくいアプリが多い気がします。やはり日本製品がいいってことで、ソースネクストの商品もご紹介!!