システムエンジニアの技術LOG

Linux,RaspberryPi3のサーバ構築を中心に、Windows,Macの設定方法もシステムエンジニアが解説。Windows,Mac,Linux,RaspberryPi3のQ&Aサイトです。

Windows10

Windows10の省電力設定を変更してパフォーマンスをアップさせる方法

更新日:

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

Windows10は、省電力設定を行うことができることをご存知でしょうか?

この機能は、基本的にバッテリー駆動するノートパソコンやタブレット向けの機能ですが、デスクトップパソコンでも設定することができます。通常は、「バランス(推奨)」という設定になっていて、このままで問題ないのですが、パソコンの能力を上げたい場合は「高パフォーマンス」に変更することをお勧めします。消費電力は多少高くなりますが、Windows10の挙動が全体的に高速化するはずです。

やったこと

コントロールパネルを開く

スタートボタンを右クリックして、「コントロールパネル」を選択する。
キャプチャ

電源オプションを開く

開いた「コントロールパネル」から「ハードウェアとサウンド」をクリックします。
2017-03-29
続いて、「電源オプション」をクリックします。
2017-03-29__1_

電源の設定画面を開く

「電源オプション」の中にある「お気に入りプラン」。その中にある「プラン設定の変更」をクリックします。
2017-03-29__2_
切り替わった画面の中にある「詳細な電源設定の変更」をクリックします。
2017-03-29__3_

高パフォーマンスに変更する

表示されたダイアログの「バランス[アクティブ]」を「高パフォーマンス」に変更します。
2017-03-29__6_
これで、パソコンが最大の能力を出せる設定となります。

まとめ

パソコンの設定を「高パフォーマンス」に設定する方法をご紹介しました。
ご紹介した方法でWindows10が全体的に高速化することになりますが、使用ソフトによっては効果がないこともありますのでご注意ください。

-Windows10
-,

Copyright© システムエンジニアの技術LOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.