システムエンジニアの技術LOG

Linux,RaspberryPi3のサーバ構築を中心に、Windows,Macの設定方法もシステムエンジニアが解説。Windows,Mac,Linux,RaspberryPi3のQ&Aサイトです。

Windows10

【Windows10】起動・終了にかかった時間を調べる方法

投稿日:

おはようございます、こんにちは、こんばんは。
Windows10の起動と終了の時間を短くしたい場合、正確な時間の測定が必要です。スタートアップのショートカットキーを削除して、「なんとなく早くなった気がする」でもいいのですが、正確な時間を測定したいので測定方法を調べました。
イベントビューアを使って、システムの起動時間や終了時間を調査します。ちょっとややこしいので、注意が必要です。

やったこと

Windows10では、起動時間と終了の時間を記録していて、「イベントビューア」という機能で確認が出来ます。

イベントビューアーの起動

スタートボタンを「右クリック」して、「イベントビューア」をクリックします。
キャプチャ

Windowsのログを開く

イベントビューアの左側から、「アプリケーションとサービスログ」→「Microsoft」→「Windwos」と選択する。
2017-02-05

パフォーマンスとエラーのログを開く

さらに、「Diagnostics-Performance」を選択して、中央ペインの「Operational」をダブルクリックします。
2017-02-05__1_

起動と終了の時間を確認する

「イベントID」が「100」の項目を確認すると起動時間、「200」の項目を選択すると終了時間が分かります。時間の単位は「ms(ミリ秒)」です(「1,000ms」が「1秒」になります)。

起動時間の例

私の環境では、起動時間が120秒もかかっていることが分かります(遅いですねぇ。エラーって表示されているし、何か問題が発生しているようです・・・)。
2017-02-05 (4)

終了時間の例

私の環境では、終了時間が27秒かかっていることが分かります(起動時間と比べれば早いですが・・。比較対象が無いので早いのか、遅いのか判断できませんが・・遅い気がします・・)
2017-02-05 (5)

まとめ

起動時間と終了時間の確認方法をご紹介しました。今回、ご紹介した方法はちょっとややこしいと思いますが、起動時と終了時のエラーや警告の有無も確認することが出来ます(私の環境ではエラーが発生しているようなので、何とかしなくては・・)。
SEとしては、知っておいたほうが良い知識だと思います。SEではない人も知っておいて損するわけではないと思います・・、たぶん・・。

-Windows10

Copyright© システムエンジニアの技術LOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.