システムエンジニアの技術LOG

Linux,RaspberryPi3のサーバ構築を中心に、Windows,Macの設定方法もシステムエンジニアが解説。Windows,Mac,Linux,RaspberryPi3のQ&Aサイトです。

Raspberry Pi

RaspberryPi3のOSをインストールした直後にやるべきこと

更新日:

Raspberry Pi 3をインストールした後で、設定したことをまとめてご紹介しようと思います。Raspberry Pi 3 のOS(Raspbian)をインストールした人の手助けになればと思います

ユーザ(pi)のパスワードを変更する

まずは、ユーザ(pi)のパスワードの変更を行います。初期値は「raspberry」です。セキュリティ的にパスワードは変更した方が良いです。

初期値 変更後
ユーザ名 pi pi
パスワード raspberry 任意のパスワード

ラズベリーパイの設定を開く

左上にある「スタートメニュー(ラズパイのマーク)」から「設定」−「Raspberry pi の設定」を選択します。
raspberrypiの設定

初期値パスワードを変更する

開いたウィンドウから、「パスワードを変更」を選択します。
snapshot1
開いたダイアログの「Current password」に「raspberry」と入力して、「新しいパスワードの入力」、「新しいパスワードの再入力」に任意のパスワードを入力します。
snapshot2

ライブラリを更新する

RaspberryPi3で使用されているライブラリを最新に更新します。更新には、「LXTerminal」上でコマンドを実行します。

LXTerminalを起動する

画面左上のアイコンをクリックして、「LXTerminal」を起動します。
LXTerminal

ライブラリリストをUpdateする

「LXTerminal」上で下記のコマンドを実行します(ライブラリのリストを最新に更新します)。

sudo apt-get update

ライブラリをUpgradeする

上記のコマンドが完了したら、「LXTerminal」上で下記のコマンドを実行します。(古いライブラリを新しいライブラリに更新します)。

sudo apt-get upgrade

まとめ

まずは、初期設定からパスワードを変更する方法とライブラリを更新する方法をご紹介しました。この記事は少しづつ追加していこうと思います。

-Raspberry Pi

Copyright© システムエンジニアの技術LOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.