Linux

RaspberryPi3を日本語化する方法(GUI編)

前回、ラズベリーパイ3のOSを再インストールしたので、GUIツールを使って日本語化してみました。

日本語化する方法

Localisation設定画面を表示する

左上のラズベリーパイマークをクリックしてメニューを開いたら、「Preferences」-「Raspberry Pi Configuration」を選択し、設定画面を表示します。
image3430
2017-01-18-092102_480x380_scrot
設定画面が開いたら、「Localisation」タブをクリックして、設定画面を切り替えます。
2017-01-18-092226_480x380_scrot
設定項目が4つあるので、それぞれを「JA」もしくは「Japan」に設定していきます。

ロケールを設定する

まずは、「Set Locale…」をクリックして、「Language:」を「ja(Japanease)」に、「Country:」を「JP(Japan)」に、「Character Set:」を「UTF-8」に設定します。
設定できたら、「OK」をクリックします。
2017-01-18-182315_378x164_scrot

タイムゾーンを設定する

続いて、「Set Timezone…」をクリックして、「Area:」を「Japan」に設定します。
設定できたら、「OK」をクリックします。
2017-01-18-182315_378x164_scrot

キーボードを設定する

続いて、「Set Keyboard…」をクリックして、「Country」を「Japan」に、「Variant」を「Japanese」に設定します
設定できたら、「OK」をクリックします。
2017-01-18-182351_430x500_scrot

無線LANの国を設定する

続いて、「Set WiFi Country…」をクリックして、「Country:」を「JA Japan」に設定します。
設定できたら、「OK」をクリックします。
2017-01-18-182424_463x94_scrot
設定画面の「OK」をクリックしたら、下記のメッセージで再起動を求められるので素直に再起動しましょう。
image3930
これで、日本語化完了です。あとは、日本語フォントとMozcのインストールします。
ちなみに、再起動すると下記のメッセージが表示されますが、古い設定ファイルを「oldconffiles」フォルダに移動したってことみたいです。「OK」をクリックして問題ありません。
2017-01-18-182547_780x219_scrot

日本語フォントとMozcのインストール

以前の記事と同様にターミナルから下記を実行します。

sudo apt-get install fonts-takao ibus-mozc

まとめ

以前の記事では、コマンド一発で日本語環境をインストールしました。今回はGUIから日本語化しましたが、結果として日本語フォントとMozcはターミナルからインストールが必要でした。

パソコンアプリのド定番!!ソースネクストのアプリはここからどうぞ

Windows10の標準アプリって使いにくいアプリが多い気がします。やはり日本製品がいいってことで、ソースネクストの商品もご紹介!!


関連記事