システムエンジニアの技術LOG

Linux,RaspberryPi3のサーバ構築を中心に、Windows,Macの設定方法もシステムエンジニアが解説。Windows,Mac,Linux,RaspberryPi3のQ&Aサイトです。

Windows10

Windows10の起動音や操作時の効果音を変更する方法

投稿日:

Windows10では、メッセージ、エラー、システム通知などが送られてきたときに短い効果音が再生されます。これらの効果音は、「サウンド」の設定から変更できるので、変更する方法をご紹介します。
ちなみに、効果音はあらかじめ豊富に用意されている他、自分で用意することも可能です

やること

サウンドの設定画面を開く

タスクトレイにある音量アイコンを右クリックして「サウンド」をクリックします。
キャプチャ

変更したい項目を選ぶ

変更したい項目を「プログラムイベント」の中から選択する。また、「Windowsスタートアップのサウンドを再生する」にチェックを入れれば起動音を鳴らすこともできます。
2017-01-18__1_

効果音を選ぶ

「サウンド」の下部分をクリックし、設定したい効果音を選びます。選択後、「テスト」で音を確認することが可能です。
キャプチャ2

オリジナルのサウンドを選ぶ

上記で「参照」ボタンをクリックすれば、オリジナルのサウンドを選択できます。ただし、利用できるファイルは拡張子が「.wab」のWAVEファイルのみです。

効果音をすべてオフに設定したり、初期値に戻したりする

効果音をすべてオフにしたいときは、「サウンド設定」の下の項目をクリックして、「サウンドなし」を選択します。これだけで、通知音や警告音がすべてオフになります。通知音や警告音が邪魔な人は「サウンドなし」を選択しましょう。また、初期値に戻す場合は、「Windows標準」を選択します。これで、元に戻ります。
2017-01-18__4_

まとめ

インターネットの素材サイトなどで効果音ファイルは手に入ります。「効果音 Windows wav」でgoogle検索すればフリーの素材が見つかります。自分用にWindowsをカスタマイズすると愛着が湧いてきますね。

-Windows10

Copyright© システムエンジニアの技術LOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.