Windows10

Windows10のロック画面をカスタマイズしてちょっと便利にする方法

Windows10のロック画面(Windowsキー+L)って画像を表示するだけだと思っていませんか?
実はロック画面には、各種アプリが取得した最新情報を表示することが出来るのです。今回は、ロック画面をカスタマイズして、各種アプリが取得した最新情報を表示する方法をご紹介します。
ちょっとしたことですが、Windows10が便利になると思います。

やること

設定画面を表示する

まずは、「Windowsの設定」画面を表示します。「スタートメニュー」-「設定」ボタンをクリックするか、「Windowsキー+I」で表示することが出来ます。
「Windowsの設定」画面の中から、「個人用設定」を選択します。
2017-01-10

ロック画面の設定を開いて、カスタマイズする

続いて、画面左側のロック画面を選択して、画面右側に「状態の詳細を表示するアプリを選ぶ」と「簡易ステータスを表示するアプリを選ぶ」を表示させます。
2017-01-10__2_

「状態の詳細を表示するアプリを選ぶ」を「メール」アプリにしてみました。
2017-01-10__3_

カスタマイズの結果

「メール」のタイトルが1件表示され、下には件数も表示されるようになった。
image3414

まとめ

自宅で使用しているWindowsPCでは意識しませんが、会社のWindowsPCではセキュリティ上の観点から、離席時やPC以外の作業を行っている最中にはロック画面を表示されている方が多いと思います。
「メール」アプリを「状態の詳細を表示するアプリ」にしておけば、メールが何件届いているかが分かって便利だと感じました。
残念なのは、選択できるのは「ストアアプリ」(Windowsストアからインストールしたアプリ)のみという点でしょうか。本当は、「Thunderbird」を選択したかったですが「デスクトップアプリ」なので、選択することが出来ませんでした・・・。

パソコンアプリのド定番!!ソースネクストのアプリはここからどうぞ

Windows10の標準アプリって使いにくいアプリが多い気がします。やはり日本製品がいいってことで、ソースネクストの商品もご紹介!!


関連記事