システムエンジニアの技術LOG

Linux,RaspberryPi3のサーバ構築を中心に、Windows,Macの設定方法もシステムエンジニアが解説。Windows,Mac,Linux,RaspberryPi3のQ&Aサイトです。

Mac

macOS SierraでInkScape(Ver0.91)が起動しない場合の対処方法

投稿日:

おはようございます、こんにちは、こんばんは。
前回、macOS Sierra(Ver.10.12.2)にInkScape(Ver0.91)をインストールするところまで紹介しました。今回はInkScape(Ver0.91)が起動しない場合の対処方法をご紹介します。
同じようにmacOS Sierra(Ver.10.12.2)でInkScape(Ver0.91)を起動しようとしている人の手助けになれば幸いです。

やったこと

設定ファイルを編集する(viで編集する)

設定ファイル(/Applications/Inkscape.app/Contents/Resources/bin/inkscape)を「vi」というテキストエディタで編集します。
まずは、ターミナルを起動します。ターミナルは「アプリケーション」-「ユーティリティ」-「ターミナル.app」をダブルクリックしてやれば、起動します。
設定ファイル(/Applications/Inkscape.app/Contents/Resources/bin/inkscape)をviで開くためにターミナル上で、「vi /Applications/Inkscape.app/Contents/Resources/bin/inkscape」とコマンドを打ちます。
※viの操作方法はこちらを参考にしてください。

設定ファイルを編集する(編集内容)

編集する箇所は、

export LANG="en_US.UTF-8"

という箇所を2箇所。

export LANG="$tmeLANG.UTF-8"

という箇所を1箇所。
上記の2種類を下記のように編集してやります(詳しいことは省きますが、英語が指定されている箇所を日本語に変更しています)

export LANG="ja_JP.UTF-8"

ちなみに、「vi」で上記の編集箇所を検索するためには、「:」と打った後、「/export LANG=」と打てば検索することが出来ますので、試してみてください。

起動確認

上記の3箇所を編集したら、設定ファイルを保存して起動するか試してみましょう。きちんと起動するはずです。

まとめ

macOSを使っていると、今回のようにFinderでは開きにくい設定ファイルを編集することがあります。そんなときのために、「ターミナル」の使い方を覚えておくと、結構便利です。viも操作方法を覚えてしまえば、動作が早くていいツールですよ。

-Mac

Copyright© システムエンジニアの技術LOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.