三流SEの技術LOG

IT業界の片隅で生きているSEの雑記帳です。勉強のために自宅サーバを構築するときに「やったこと」、Windows10、Mac、LinuxやRaspberryPiのことを記録しています。技術、知識、Q&A情報まとめサイトです。

Windows10

Windows10のバックアップソフト決定版、これ一つで安心です。

投稿日:2017年6月13日 更新日:

おはようございます、こんにちは、こんばんは。
みなさん、Windows10のバックアップって設定していますか?私は設定していませんでした。
理由は、これはいいなぁと思うバックアップソフトを見つけられなかったから・・。

今回は、Windows10のバックアップソフト、EaseUS Todo Backup Home 10.0をご紹介します。有料ですが、購入する価値はありますよ。
有料はちょっとなぁって人もいると思います(私もそうです)ので、無料版を試してみてから購入するか考えてみてください。

EaseUS Todo Backup Home 10.0を使ったバックアップ設定方法をご紹介します。

やったこと

無料版をダウンロード

EaseUS Todo Backup Home 10.0の無料版をダウンロードします。

メールアドレスを求められるので入力してあげます。

無料体験をクリックするとダウンロードが開始されます。

無料版からインストール

インストーラのダウンロードが完了したら、ダブルクリックしてインストールします。
日本語を選択したら、「OK」を選択します。

「同意」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

インストールが始まります。

「完了」をクリックします。

インストールが完了すれば、デスクトップ上にショートカットが作成されます。

EaseUS Todo Backup Home 10.0を使ってバックアップする

デスクトップ上のショートカットアイコンをダブルクリックすると、下記のウィンドウが開きます。試用の場合は「後で」をクリックします。製品を購入した方はライセンスコードを入力しましょう。

初めて使用する場合、もしくは、バックアップを一度も行っていない場合に下記のウィンドウが開きます。

システムバックアップとブータブルディスクの作成を行うのがオススメのようです。

まずは、システムバックアップを行います。システムバックアップをクリックします

ターゲットを十分な大きさのフォルダを選択します。大きさはCドライブより大きい必要があると思います。私は、Linuxサーバのファイル共有先を設定しました。

設定が完了したら、実行ボタンをクリックします。

バックアップが開始されるので、終了するまで待ちましょう

バックアップが完了すると、こんな画面が表示されます。

これで、現時点でのシステムがバックアップされます。

ブータブルディスクを作成する

Windows10が壊れてもいいように、バックアップを作成しましたので、次はブータブルディスクを作成します。これは、Windows10が壊れてPCが起動しなくなったときに使用することになります。作成したら、大事に保管しておきましょう。

ツールを選択して、その中の「ブータブルディスクの作成」をクリックします。

私は、USBメモリを選択しました。DVDでもいいと思います。

PCが作業中・・・しばらく待ちましょう。

ブータブルディスクの作成完了!!これで、Windows10に何か問題が発生して起動しなくなった場合に対処できます。

まとめ

お値段の割には、多機能でいろいろできるWindows10のバックアップソフト、EaseUS Todo Backup Home 10.0をご紹介してみました。

多機能で何をしたらいいのか分かりにくいので、何かあった場合のバックアップを作成してみました。本当はWindows10を復元できるか試してみたいのですが、ちょっと怖いので、ためらっています。
何か問題が発生した場合は、本ブログで取り上げてみたいと思います。

関連コンテンツ



スポンサードリンク

-Windows10
-, ,

Copyright© 三流SEの技術LOG , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.