TortoiseSVN、TortoiseGitのアイコンが表示されなくなった場合の対処方法 - 三流SEの技術LOG

三流SEの技術LOG

IT業界の片隅で生きているSEの雑記帳。勉強になると思い、自宅サーバを構築するときに「やったこと」、Windows10やMacの設定したことを記録します。技術、知識、Q&A情報まとめサイト

Windows10

TortoiseSVN、TortoiseGitのアイコンが表示されなくなった場合の対処方法

2017/06/06

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

いつからなのか分かりませんが、私のパソコンにインストールしたTortoiseSVN、TortoiseGitのアイコンが正しく表示されなくなっていました。(最近はTortoiseSVN、TortoiseGitを使うことなかったので、気づくまで時間かかりました)

最初は、Windows10のアップデートのせいかなぁと思いましたが、違いました。DropBoxクライアントをインストールした影響で、Windowsのアイコンオーバーレイ機能の制限数を超えてしまったためでした。

今回は、TortoiseSVN、TortoiseGitのアイコンが正しく表示されるWindows10の設定方法をご紹介します。

調べたこと

どうなっているのが正しいのか

TortoiseSVNやTortoiseGitを使用している人は分かると思いますが、TortoiseSVNとTortoiseGitはインストールすると、Windowsのフォルダアイコンが変更されます。

こういうフォルダアイコンが、

こういうフォルダアイコンに

変更されます。
ちなみに、TortoiseSVN、TortoiseGitが変更を検知したら、こんな感じに

教えてくれます(trunkフォルダ配下のファイルを変更したことを検知した場合です)。
この機能が非常に便利です。

どうなってしまったのか

通常のフォルダアイコンに戻っていました。


※これに戻ってしまった

なぜ戻ってしまったのか

私の場合は、DropBoxのクライアントをWindowsにインストールしたことが原因でした。

先述のアイコンを変更する機能は、「アイコンオーバーレイ」というのですが、Windowsは最大15個までしかアイコンオーバレイ機能が働かないのです。

Windows10の場合、oneDriveが15個中の5個を自動的に使用するため、残り10個の枠を他のアプリケーションが使用することになります。今回のように、10個を超えてしまうような場合は、Windowsが優先度を自動的に決めています。

どうやって優先度を変更すればいいのか

優先度を変更するのは、レジストリエディタを使用してレジストリを変更することで可能です。
ただし、
レジストリの編集は間違えるとPCが起動しなくなる恐れがあります。十分注意の上、自己責任で作業を行って下さい

やったこと

レジストリエディタの起動

「Windowsキー + R」を押して、「ファイル名を指定して実行」を起動させて「regedit」と入力し、レジストリエディタを起動します

スクリーンショットは取れなかったのですが、「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」とメッセージが表示されます。このメッセージに対して「はい」を選択します。

下記のレジストリエディタが起動します。
再度、警告しますが、
レジストリの編集は間違えるとPCが起動しなくなる恐れがあります。十分注意の上、自己責任で作業を行って下さい

レジストリエディタの使用方法

「Control + F」で検索ができます。今回は「ShellIconOverlayIdentifiers」を検索します。

検索中・・・10秒ぐらいかかりました。

検索結果はこんな感じになるはずです(画像はクリックすると拡大します)。なお、優先度はインストールしているアプリケーションによって異なります。

優先度の変更方法

今回は、TortoiseSVN、TortoiseGitのアイコンオーバーレイ機能を復活させたいので、「Tortoise1Normal」から「Tortoise9Unversioned」の優先度をあげます。
やり方は複数ありますが、Dropboxの優先度を下げることで、TortoiseSVN、TortoiseGitの優先度を上げる方法をとりました。

優先度の変更

「   DropboxExt01」~「   DropboxExt10」を「 DropboxExt01」~「 DropboxExt10」に変更します。
分かりにくいと思いますが、名前の前の空白を3個から1個に減らします。
※Dropboxは、名前の前に空白を3個置くことで、自分の優先度を上げるように工夫しているようです。今回はその工夫をなかったことにする方法です。

優先度変更した結果

下記のように「Tortoise1Normal」から「Tortoise9Unversioned」が、上から15番目以内に表示されれば成功です。


※編集しても、並び方が変更されない方は「F5」キーを押してください。

パソコンを再起動すれば、編集したレジストリが読み込まれるので、TortoiseSVN、TortoiseGitのアイコンオーバーレイ機能が復活します。

まとめ

TortoiseSVN、TortoiseGitのアイコンオーバーレイ機能を復活させる方法をご紹介しました。

レジストリを変更するというWindowsの設定変更としては、難しい設定方法でした。アイコンオーバーレイ機能を使える数が15個という制限を外せればいいのですが、今のところ制限を外せません。
今後のアップデートでMicrosoftが対応してくることを期待します。



プログラミング・Webデザインに興味のある方へ

近年、IoT化やスマートフォンの普及によりエンジニアの需要が高まり続けています。
2020年にはプログラミングが義務教育となり、不足するエンジニアは37万人にもなると言われています。

特に、Web業界は裾野が広く、まだまだ開拓されていない分野、人材が足りていない分野が数多くあります。そんなWeb業界に、就職・転職を検討されている方向けのスクールを3つご紹介します。

Webスク

Web業界への転職を目指す方向けにプログラマーコース、Webデザイナーコースが選べるスクールです。Web業界で活躍したい方にオススメです。

WebCamp

就職・転職・独立・キャリアアップを目指す方向けに一ヶ月集中コースのスクールです。Web業界に興味があるがなかなか踏み出す機会がない方にオススメです。

CodeCamp

現役エンジニアによるプログラミング個別指導です。まずは、無料体験レッスンを試してみてください。



関連コンテンツ



スポンサードリンク

-Windows10
-, , ,