LinuxMint18にSambaを導入して、Windows10,Macとファイル共有する方法 - 三流SEの技術LOG

三流SEの技術LOG

IT業界の片隅で生きているSEの雑記帳。勉強になると思い、自宅サーバを構築するときに「やったこと」、Windows10やMacの設定したことを記録します。技術、知識、Q&A情報まとめサイト

Linux LinuxMint18 サーバ構築

LinuxMint18にSambaを導入して、Windows10,Macとファイル共有する方法

2017/06/29

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

今回は、LinuxMint18にsambaを導入して、Windows10,macOSとファイル共有する方法をご紹介します。

sambaをインストールして、Windows10、macOSとLinuxMint18の間でファイル共有できるようにしました。最終目標は、LinuxMint18にNFSサーバも導入して、パソコン4台(Windows10,macOs,LinuxMint18,RaspberryPi3)でファイル共有することです。

やったこと

sambaを設定ツールをインストール

LinuxMint17と同じやり方で、sambaをインストールする。

sudo apt-get install samba system-config-samba

ファイル共有のためにディレクトリを準備

ファイルを共有するためのディレクトリを準備して、共有フォルダの所有者、グループを変更する。

sudo mkdir /var/samba
sudo chown nobody:nogroup /var/samba
sudo chmod 777 /var/samba

設定ファイルの編集

LinuxMint17と同じように設定ツールでファイル共有するユーザを指定しようとしたら、LinuxMint17では動いた設定ツールがLinuxMint18では起動しなかった・・・。
仕方ないので、設定ファイルを編集した。

199行目:read only = yes ー> read only = no (読み書き可能にする)
260行目:下記の記述を追加(共有フォルダへのアクセスを制限する)

[share]
comment = all user share
path = /var/samba/Share
writable = yes

sambaにユーザを登録する。既存のユーザでOK。

sudo pdbedit -a 'ユーザ名'

最後にWindows10から接続可能か試す。

Windowsのエクスプローラーから「¥¥LinuxMint18のホスト名」で検索する。
認証用ダイアログが表示されるので、先頭に「¥¥」をつけたユーザ名とpdbeditで指定したパスワードを入力して接続できればOK。

まとめ

sambaの設定ツールが起動しないのは、予想外だった。設定ファイルを編集するのは、Linuxの基本のような気もするし、勉強になったので良かったかも・・・



プログラミング・Webデザインに興味のある方へ

近年、IoT化やスマートフォンの普及によりエンジニアの需要が高まり続けています。
2020年にはプログラミングが義務教育となり、不足するエンジニアは37万人にもなると言われています。

特に、Web業界は裾野が広く、まだまだ開拓されていない分野、人材が足りていない分野が数多くあります。そんなWeb業界に、就職・転職を検討されている方向けのスクールを3つご紹介します。

Webスク

Web業界への転職を目指す方向けにプログラマーコース、Webデザイナーコースが選べるスクールです。Web業界で活躍したい方にオススメです。

WebCamp

就職・転職・独立・キャリアアップを目指す方向けに一ヶ月集中コースのスクールです。Web業界に興味があるがなかなか踏み出す機会がない方にオススメです。

CodeCamp

現役エンジニアによるプログラミング個別指導です。まずは、無料体験レッスンを試してみてください。



関連コンテンツ



スポンサードリンク

-Linux, LinuxMint18, サーバ構築
-, , , , , ,