三流SEの技術LOG

IT業界の片隅で生きているSEの雑記帳です。勉強のために自宅サーバを構築するときに「やったこと」、Windows10、Mac、LinuxやRaspberryPiのことを記録しています。技術、知識、Q&A情報まとめサイトです。

Windows10

Windows10標準のメールではなくThunderbirdにplalaメールを設定する方法

投稿日:2016年6月25日 更新日:

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

Windows10は標準でメールソフトがついています。この標準のメールソフトを設定して、自宅で使っていました(その時の作業記録はこちら)。Plalaのメールを送受信できるし、大きな問題はないのですが、使い勝手が悪いなぁと思っていました。

どうせ使用するなら、使い慣れたメールソフトの方がいいなぁってことで、会社で使用しているフリーソフトのThunderbirdをインストールして、ぷららメールが送受信できるように設定してみました。

同じように、ぷららメールを設定する人の手助けになればと思い、設定手順を残しておきます。

やったこと

公式ページから最新版を入手する。

公式ページはこちら

公式ページの「無料ダウンロード」をクリックして、インストーラをダウンロードします。

Thunderbirdダウンロード画面

インストーラを起動する。

ダウンロードしたファイル「Thunderbird Setup xx.x.x.exe」(xx.x.xはバージョンに依って異なります)をダブルクリックしてインストーラを起動します。
インストーラの起動

インストールは標準設定で問題なし

インストーラで、「次へ」、「インストール」と選択してインストールは完了となります。
Thunderbirdインストーラ

Thunderbirdインストーラ

Thunderbirdインストーラ

システム統合

下記の標準設定で問題ないです。
システム統合

メールの設定

必要な情報を入力していきます。

まずは、「自分の名前」、「メールアドレス」、「パスワード」(メールアドレスとパスワードは、Plalaに登録したメアドとパスワード)を入力します。
メールの設定
続いて、説明書きに書いてあるとおりに自分の名前を入力して検索をクリックします。
メールの設定
さらに続いて、「続ける」ボタンをクリックします。
メールの設定

以上で設定作業は完了です。

無事にThunderBirdが起動します。

Thnderbird画面

まとめ

うちのメールは、ぷららメールを使っていますが、アカウント設定をメールプロバイダから検索してくれます。そのため、インストール後に送受信のポート番号を変更するとか面倒な設定は行う必要ありません。以前と比べてかなり楽に設定できるようになりました。便利になっています。

なお、Thunderbirdとかフリーソフトは使いたくない。標準のメールで十分って方はこちらの記事をどうぞ

関連コンテンツ



スポンサードリンク

-Windows10
-, , , ,

Copyright© 三流SEの技術LOG , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.