macOS Sierraでマインドマップ作成ツールのXmindをインストールする方法 - 三流SEの技術LOG

三流SEの技術LOG

IT業界の片隅で生きているSEの雑記帳。勉強になると思い、自宅サーバを構築するときに「やったこと」、Windows10やMacの設定したことを記録します。技術、知識、Q&A情報まとめサイト

Mac macOS Sierra

macOS Sierraでマインドマップ作成ツールのXmindをインストールする方法

2017/06/23

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

自分のタスク管理を行うために、GTD(Getting Things Done)をやっています。
GTDの最初のフェーズは、「頭の中にある「やらなければならないこと」「気になっていること(問題)」を紙などに書き出す。作業中のメモ書きなども参照して、問題点を出していく」になります。これを実行する方法として、マインドマップを利用するのがお勧めらしい。
ということで、お勧めのマインドマップ作成ソフトを探してインストールしてみました。

今回インストールしてみたのは、「Xmind」です。他のマインドマップ作成ツールも試してみたいですが、まずは「Xmind」で頭の中にある「やらなければならないこと」「気になっていること(問題)」を書き出して、スッキリしてから試してみます。

やったこと

Xmindの公式ページにアクセスする

スクリーンショット_0029-04-14_10_47_59

macOS用が準備されていないので、Mac OS X用を選択する

スクリーンショット_0029-04-14_10_48_12

ライセンスの内容に同意してダウンロードする

スクリーンショット_0029-04-14_10_48_31

Applicationフォルダにコピーして、インストールする

ダウンロードしたdmgファイルをダブルクリックすると、下記の画面が表示される。
47
ApplicationフォルダにXmindファイルをコピーしてインストールが完了です。
スクリーンショット_0029-04-14_10_56_47

起動時の警告は無視する

初回起動時に下記の警告が表示されることがありますが、無視して「開く」を選択します。
28
上記の警告を無視しても、正常に起動します。Mac OS X版でもmasOS Sierraで動作することを確認できました。
08

まとめ

「Xmind」をちょっと使った感想は、かなり良い感じです。
使っているPCは、古いMacBookPro(2011年製)ですが、キビキビ動いてくれますし、直感的にマインドマップを作成できます。Mac OS X版ですが、macOS Sierraで問題なく動作してくれています。
Windows版も試してみましたが、セーブデータをWindowsとMacで共有しても問題なさそうです。



プログラミング・Webデザインに興味のある方へ

近年、IoT化やスマートフォンの普及によりエンジニアの需要が高まり続けています。
2020年にはプログラミングが義務教育となり、不足するエンジニアは37万人にもなると言われています。

特に、Web業界は裾野が広く、まだまだ開拓されていない分野、人材が足りていない分野が数多くあります。そんなWeb業界に、就職・転職を検討されている方向けのスクールを3つご紹介します。

Webスク

Web業界への転職を目指す方向けにプログラマーコース、Webデザイナーコースが選べるスクールです。Web業界で活躍したい方にオススメです。

WebCamp

就職・転職・独立・キャリアアップを目指す方向けに一ヶ月集中コースのスクールです。Web業界に興味があるがなかなか踏み出す機会がない方にオススメです。

CodeCamp

現役エンジニアによるプログラミング個別指導です。まずは、無料体験レッスンを試してみてください。



関連コンテンツ



スポンサードリンク

-Mac, macOS Sierra
-, , ,