【雑記】液晶ディスプレイの寿命はいつまでなのか?買い替え時はいつごろなのか? - 三流SEの技術LOG

三流SEの技術LOG

IT業界の片隅で生きているSEの雑記帳。勉強になると思い、自宅サーバを構築するときに「やったこと」、Windows10やMacの設定したことを記録します。技術、知識、Q&A情報まとめサイト

雑記

【雑記】液晶ディスプレイの寿命はいつまでなのか?買い替え時はいつごろなのか?

2017/06/23

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

現在、Windows10に液晶ディスプレイ2台を繋げてマルチディスプレイ環境で動作させています。最初は液晶ディスプレイ2台も必要ないかなぁ~とは思っていましたが、この環境に慣れてしまうと手放せなくなります。マルチディスプレイ環境は最高です。

しかし、この環境に問題が発生し始めました。マルチディスプレイの片方の画面が暗くなってきてしまいました。「モニターは消耗品」らしいので、そろそろ寿命が近くなってきたのだろうと思います。

仕方ないので、シングルディスプレイ環境に戻すか、マルチディスプレイ環境(片方を買い替え)のままでいるか検討中です。

検討している中で、液晶ディスプレイの寿命に関して調べたので、備忘録としてブログに残しておきます。同じように液晶ディスプレイの寿命に関して調べようとしている方の助けになれば幸いです。

液晶ディスプレイの寿命の見分け方は?

液晶ディスプレイは消耗品!!いつかは寿命がくるものです。

液晶ディスプレイの代表的なメーカー(発色がいいと評判。でも、ちょっと価格が高い)ナナオさんは、寿命は「3万時間」としているそうです。1日8時間、週5日のペース(会社で使用することを想定)で計算すると、寿命は14.4年間。かなり長持ちですね

ちなみに、私が使用しているLCD-DTV222Xシリーズ(アイ・オー・データ機器製)の寿命(バックライト)は「5万時間」となっていました。1日8時間、週5日のペースで計算すると、寿命は24年間。ナナオと比べて、だいぶ長いです。あくまでバックライトの寿命なのですが、十分な長さだと思います。

上記の数字はあくまで目安の時間です。具体的な寿命の見分け方は「表示色が薄くなる」「以前出せていた色が表示できない」「画面が非常に暗くなる」「画面がチラチラする」といった症状が出てくると、そろそろ寿命が近いということらしいです。

私が使用している液晶ディスプレイ(LCD-DTV222Xシリーズ、IO-DATA製)も、「表示色が薄くなる」症状が出てきているので、そろそろ買い替え時かもしれません。
なんせ、購入したのが2009年12月の製品です。7年も使い続けている製品なのです。やっぱり買い替えどきかなぁ(新しくしたいだけ・・)

まとめ

簡単にまとめると、液晶ディスプレイの寿命はだいたい「3万~5万時間」程度で、仕事で毎日使っていても、10年以上持つ。(使用環境などに影響されますので、絶対ではないです)
買い替えときは、「表示色が薄くなる」「以前出せていた色が表示できない」「画面が非常に暗くなる」「画面がチラチラする」といった症状が出てきてからで十分間に合う。
重要なのは、「買い替えたいときが、買い替えどき」ってことです。



プログラミング・Webデザインに興味のある方へ

近年、IoT化やスマートフォンの普及によりエンジニアの需要が高まり続けています。
2020年にはプログラミングが義務教育となり、不足するエンジニアは37万人にもなると言われています。

特に、Web業界は裾野が広く、まだまだ開拓されていない分野、人材が足りていない分野が数多くあります。そんなWeb業界に、就職・転職を検討されている方向けのスクールを3つご紹介します。

Webスク

Web業界への転職を目指す方向けにプログラマーコース、Webデザイナーコースが選べるスクールです。Web業界で活躍したい方にオススメです。

WebCamp

就職・転職・独立・キャリアアップを目指す方向けに一ヶ月集中コースのスクールです。Web業界に興味があるがなかなか踏み出す機会がない方にオススメです。

CodeCamp

現役エンジニアによるプログラミング個別指導です。まずは、無料体験レッスンを試してみてください。



関連コンテンツ



スポンサードリンク

-雑記
-, , ,