三流SEの技術LOG

IT業界の片隅で生きているSEの雑記帳です。勉強のために自宅サーバを構築するときに「やったこと」、Windows10、Mac、LinuxやRaspberryPiのことを記録しています。技術、知識、Q&A情報まとめサイトです。

Mac

macOS SierraにMacPortsを使ってInkScape0.92をインストールする方法(前編)

投稿日:2017年3月10日 更新日:

おはようございます、こんにちは、こんばんは

前編、後編に分けてみました。

InkScapeを使って、ちょっと画像を加工したい、そのためmacOS SierraにInkScape0.91をインストールして使っていました日本語化したら、起動しなくなったりと、手間をかけて使えるようにしていましたが、InkScapeの最新版はInkScape0.92.1らしいことが分かりました。
どうせなら最新版を使ってみようということで、macOS SierraにInkScape0.92.1をインストールしました。今回は、macOS SierraにInkScape0.92.1をインストールする方法をご紹介します。こちらは、前編(XCodeとCommand Line Tools for XCodeのインストールまで)です。

やったこと

今回の作業を箇条書きでまとめてみました。こうやって書いてしまうと、たいした作業量ではないのですが、時間はかかっています。なんせ1度インストールを失敗して、どうやってもInkScapeが立ち上がらない状態になってしまいました。ミスは1つ(Command Line Tools for XCode 8.2をインストールしなかっただけ)なのですが、それだけでInkScapeが立ち上がらなくなってしまいますので、注意してください。

  • 前編
    1. XCode 8.2のインストール
    2. Command Line Tools for XCode 8.2
  • 後編
    1. MacPortsのインストール
    2. InkScape0.92.1のインストール
    3. InkScape0.92.1の起動方法

XCode8.2をインストールする

AppStoreからXCode8.2をインストールします。XCode8.2はMac向けの統合開発環境です。要は、iPhoneアプリやmacOSアプリの開発者に必要なソフトです。私のようにメールやインターネットにMacを使用しているユーザ(たまにブログを書くときに使用する)には、本来は不要なアプリケーションですが、InkScapeの最新版(0.92.1)をインストールするためには必要となります。
今回のインストール方法では自分のmacOS Sierra上でインストーラを作成して、インストールするになるため、インストーラ作成に必要な環境として、XCodeが必要となります。

XCode 8.2のインストール方法

AppStoreで、「XCode」で検索すると出てきます。下記の画像が「XCode」の検索結果。左上の枠で囲ったソフトがXCode 8.2です。8.2でなくても、最新版をインストールすればOKです。
スクリーンショット_0029-03-10_10_10_04

Command Line Tools for XCode 8.2のダウンロード方法

続いて、Command Line Tools for XCode 8.2をインストールするために、インストールパッケージをダウンロードします。
ここにアクセスします。IDとパスワードの入力を求められます。Apple ID(AppleStoreのID)とそのパスワードを入力します。
スクリーンショット_0029-03-10_10_20_39
そうすると、下記のような警告が表示されますが、気にしなくて構いません。契約しているプロバイダによっては、自分が作業している地域以外が表示されますが気にしなくて良いです(私も関東で作業しているのに、名古屋でApple IDが使用されますという表示でした)。
スクリーンショット_0029-03-10_10_20_50
上記の警告を無視して先へ進めると、下記のような確認コードが表示され、入力を促されますので、入力します。
スクリーンショット_0029-03-10_10_20_55
入力先は、こちらの画面。
スクリーンショット_0029-03-10_10_30_21
正しく入力すると、下記の画面に移ります。この中から、Command Line Tools for XCode 8.2を選択して、インストールパッケージをダウンロードします。Command Line Tools for XCode の最新版は8.3beta4(2017/03/10時点)ですが、最新版ではなくAppleStoreでインストールしたXCodeのバージョンに合わせましょう。
スクリーンショット_0029-03-10_10_21_09

Command Tools for Xcode 8.2のインストール

上記までの作業でダウンロードしたインストールイメージをダブルクリックします。
そうすると、自動的に解凍されてインストール用パッケージが表示されるはずです。
13
後は、このインストール用パッケージをダブルクリックしたら、指示に従って「続ける」を押していけばインストールが開始します。
37
44
インストールをクリックします。
50
57
無事にインストールが完了です。
38

まとめ

ちょっと記事が長くなってしまったので、前編、後編に分けることにします。前編では、XCodeのインストールとCommand Line Tools for XCodeのインストール方法をご紹介しました。後編では、MacPortsをインストールして、InkScape0.92のインストールして、起動する方法をご紹介する予定です。

関連コンテンツ



スポンサードリンク

オススメ記事

1

RaspberryPi3でサーバ構築する手順、方法をまとめました。 OSインストール(初期設定) 最初は英語環境のRaspberryPi3をコマンド一発で日本語環境化する方法 RaspberryPi3 ...

2

おはようございます、こんにちは、こんばんは 以前の記事では、Windows10の標準IMEを「Control + Space」で全角/半角を切り替える方法をご紹介しました。 しかし、google日本語 ...

3

パソコンいじりを趣味の一つとしているため、自宅はパソコンが溢れかえって、OSが異なるパソコンが4台もあります。パソコン以外のIT機器も、スマホ1台、タブレット1台を所有しています。 具体的には、自作デ ...

no image 4

おはようございます、三流SEです。 自宅サーバ構築は一段落したので、今度は新しいプログラミング言語を勉強しようと思って、本を買って読み始めたのですが、あっさり挫折しました。 自宅で勉強するのですが、集 ...

-Mac
-, , , ,

Copyright© 三流SEの技術LOG , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.