macOS SierraでInkScape(Ver0.91)が起動しない場合の対処方法 - 三流SEの技術LOG

三流SEの技術LOG

IT業界の片隅で生きているSEの雑記帳です。勉強になると思い、自宅サーバを構築するときに「やったこと」、Windows10やMacの設定したことを記録します。

Mac macOS Sierra

macOS SierraでInkScape(Ver0.91)が起動しない場合の対処方法

2017/06/06


おはようございます、こんにちは、こんばんは。
前回、macOS Sierra(Ver.10.12.2)にInkScape(Ver0.91)をインストールするところまで紹介しました。今回はInkScape(Ver0.91)が起動しない場合の対処方法をご紹介します。
同じようにmacOS Sierra(Ver.10.12.2)でInkScape(Ver0.91)を起動しようとしている人の手助けになれば幸いです。

やったこと

設定ファイルを編集する(viで編集する)

設定ファイル(/Applications/Inkscape.app/Contents/Resources/bin/inkscape)を「vi」というテキストエディタで編集します。
まずは、ターミナルを起動します。ターミナルは「アプリケーション」-「ユーティリティ」-「ターミナル.app」をダブルクリックしてやれば、起動します。
設定ファイル(/Applications/Inkscape.app/Contents/Resources/bin/inkscape)をviで開くためにターミナル上で、
「vi /Applications/Inkscape.app/Contents/Resources/bin/inkscape」とコマンドを打ちます。
※viの操作方法はこちらを参考にしてください。

設定ファイルを編集する(編集内容)

編集する箇所は、

export LANG="en_US.UTF-8"

という箇所を2箇所。

export LANG="$tmeLANG.UTF-8"

という箇所を1箇所。
上記の2種類を下記のように編集してやります(詳しいことは省きますが、英語が指定されている箇所を日本語に変更しています)

export LANG="ja_JP.UTF-8"

ちなみに、「vi」で上記の編集箇所を検索するためには、「:」と打った後、「/export LANG=」と打てば検索することが出来ますので、試してみてください。

起動確認

上記の3箇所を編集したら、設定ファイルを保存して起動するか試してみましょう。きちんと起動するはずです。

まとめ

macOSを使っていると、今回のようにFinderでは開きにくい設定ファイルを編集することがあります。そんなときのために、「ターミナル」の使い方を覚えておくと、結構便利です。viも操作方法を覚えてしまえば、動作が早くていいツールですよ。



プログラミング・Webデザインに興味のある方へ

近年、IoT化やスマートフォンの普及によりエンジニアの需要が高まり続けています。
2020年にはプログラミングが義務教育となり、不足するエンジニアは37万人にもなると言われています。

特に、Web業界は裾野が広く、まだまだ開拓されていない分野、人材が足りていない分野が数多くあります。そんなWeb業界に、就職・転職を検討されている方向けのスクールを3つご紹介します。

Webスク

Web業界への転職を目指す方向けにプログラマーコース、Webデザイナーコースが選べるスクールです。Web業界で活躍したい方にオススメです。

WebCamp

就職・転職・独立・キャリアアップを目指す方向けに一ヶ月集中コースのスクールです。Web業界に興味があるがなかなか踏み出す機会がない方にオススメです。

CodeCamp

現役エンジニアによるプログラミング個別指導です。まずは、無料体験レッスンを試してみてください。



スポンサードリンク

関連コンテンツ(Googleに認められたやつ)

-Mac, macOS Sierra
-